CONCEPT

日常生活の道具から大人も楽しめるおもちゃへ 通勤や通学、買い物等、自動車やバイクは生活する際に必ず必要になる存在です。それ故、自動車やバイクを「日常生活の道具」と捉える傾向があるように思います。現在はオートマチック車が主流となっていますが、少し前までの自動車はマニュアル車が一般的で、運転に"楽しみ"を覚えた方も多かったはずです。
また、昔の自動車やバイクは形も個性的なものが多かったように思います。落ち着いた雰囲気のオールドカー、格好良さを追求したスポーツカー、かわいらしいファミリーカー…出力だけでなくファッション性に独自のこだわりをもった昔の自動車やバイクは「日常生活の道具」である以前に「大人も楽しめるおもちゃ」であったのではないでしょうか。
地元いわきから日本中の大人へ いわきに本社を置き自動車用音響機器を製造しているアルパインをはじめ、日産自動車いわき工場、自動車電球製造販売をしているスタンレーいわき製作所など、“車に乗る”側の人だけでなく“車をつくる”側の人たちも多く住んでいます。そして海も山もあるいわきの地形は、ドライブに最適な場所なのです。そこでわたしたちは、いわきの海を望める小名浜の地で、色々な自動車を一同に集めたモーターイベント「いわきオールジャンルモーターフェス」の開催に至りました。
「Iwaki All Genre Motor Fes!」は、日常生活の“道具”となってしまっている車を、もう一度“愛車”に思い直すことができるイベントです。